いぶきの実はいびきに効果あり

いびきは自分だけの問題ではなく、パートナーや家族への影響も大きい切実な問題になることがあります。


 

そんないびきを抱えて何とかしたいと思っている人はたくさんいます。
そんな人に嬉しいサプリメントがあることはご存知でしょうか。

 

それは、いびき対策に効果があるサプリメント「いぶきの実」です。
いびきは、舌や周辺筋肉が緩み奥に落ち込むことで空気の通り道が狭くなることによって騒音が引き起こされます。

 

このように空気の通り道を狭めてしまう筋肉に働きかける効果があるサプリメントとしていぶきの実は人気があります。

 

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ

 

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ
茶色の粒で本当に木の実みたいです^^

 

いぶきの実は公式ページで購入するのが「一番お得です↓↓

>>>いぶきの実の公式ページはこちら<<<

 

いぶきの実の成分

いぶきの実に含まれる成分の一つがコエンザイムQ10です。

 

コエンザイムQ10は筋肉によって生じる空気の流れの滞りを解消するために根本に働きかけてくれる唯一の成分です。

 

この効果は病院や大学の協力でコエンザイムQ10を摂取した時のいびきの騒音を計測した結果から証明されたものなので安心ですね。

 

そして、コエンザイムQ10には還元型、酸化型、発酵型の三種類がありますが、その中でも吸収率が一番高い還元型がいぶきの実では使用されており、効果を無駄なく感じることができます。

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ

さらに、えごま油も使用されていてコエンザイムと相互の欠点を補い合ってくれます。

 

ビタミンの宝庫とされるえごま油には、コエンザイムQ10と相性が良く抗酸化作用もあるビタミンEやαリノレン酸が豊富に含まれています。

 

ビタミンEも酸化してしまうものではありますが、コエンザイムQ10が酸化したビタミンEを再生してくれるので一層効果を得ることができます。
そして、いぶきの実はいびきと併せて気になる事も多い歯ぎしりにも効果を発揮してくれます。

 

それは、イライラなどのストレスに効果的な濃縮発酵ギャバに加えて、さらには長寿のお茶とも言われるラフマ茶に使用するラフマ葉から抽出したラフマエキスも含んでいるためです。

 

ラフマはこころのビタミンとも呼ばれており、さらにはギャバとの相性がとてもよく相乗効果を得て歯ぎしりの原因になりやすいストレスに打ち勝つことができます。

 

このようにいびきに効果的な成分が一日二粒に凝縮されたサプリメントで身体の中から症状を改善して質の良い睡眠に繋がるとは嬉しいですね。

 

いぶきの実の購入は公式ページがお得です↓↓

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ

 

 

いびきの騒音レベル

「いびきがうるさい」そんな風に言われた経験はありませんか?でも、いびきは寝ている間にかくもの。自分ではわかりませんよね。

 

じゃあ、いびきって一体どのくらい「迷惑」なのでしょうか。ちょっと調べてみましょう。

 

いびきの騒音レベル
 一体、いびきはどのくらい大きいのでしょうか。いびきの大きさはある意味、最も解りやすい「迷惑」だと思います。そこで、いびきの音の大きさを調べてみましょう。

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ

 一般的に、音の大きさはデシベルという単位で表現されます。でも、いきなり「いびきが○○デシベルです!」と言われてもパッとしませんよね。そこで身近な音の例を纏めてみました。

いびきは家族など周りの人の睡眠を妨げる原因となりがちで、いびきがうるさく騒音だと家族などから言われる人もいるようです。自分ではなかなかわからないこの騒音ですが、一体どれくらいの音なのでしょうか。
そこで私たちの身近な音と比較してみてみたいと思います。一般的には次の数値が音の大きさの目安です。

30デシベル  ・郊外の深夜・ささやき声
40デシベル  ・市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼
50デシベル  ・静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)
60デシベル  ・静かな乗用車・普通の会話
70デシベル  ・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭・一般的な掃除機の音
80デシベル  ・地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ
90デシベル  ・犬の鳴き声・工場の中・カラオケ
100デシベル ・電車が通るときのガードの下
(参考:株式会社環境工房公開データ)

このような音が私たちの周りに溢れている音の大きさですが、一般的ないびきの大きさは40〜60デシベルといわれます。

 

さらにいびきの音が大きい人の場合には90デシベルにもなることがあるようです。

 

さすがにどんな状況でも眠れるという人にとっても、これだけの大きさにもなるいびきを聞かされてはなかなか眠れなさそうですね。

 

自分の音がどれくらいかを聞くことは難しいですが、眠りたい時にずっと音が聞こえているというのは眠りが妨げられそうで迷惑と言われても仕方がないかもしれませんね。

いびきのメカニズム

いびきはどうして起こるのでしょうか。

 

いびきには個人差があり、同じ人でもその日の体調や眠っている時の姿勢によっても変わります。

 

そうすると原因が様々にあるように思われますが、いびきが起こる原因は実は同じなのです。

 

いびきの主な原因は、喉の上気道という空気の通り道となる気管が狭くなることにあります。

 

この狭くなったところを空気が通ろうとした時に粘膜が振るえて音が出て、この振動音がいびきになります。

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ

それであれば上気道が狭くならなければいびきが発生しないということではありますが、なぜ上気道が狭くなってしまうのでしょうか。

 

上気道が狭くなってしまう主な原因は寝る姿勢です。椅子に座った状態でウトウトしているだけであれば、いびきをかく人はあまりいません。しかし、寝転んで仰向けになった状態で眠っているといびきをかきやすいです。

 

仰向けになると重力によって軟口蓋や舌の付け根など上気道周辺の筋肉や脂肪などがのどの奥へと落ち込んで上気道が狭くなってしまいます。

 

眠っている時は更に全身の力が抜けているために、舌や咽頭周りの筋肉も緩んだ状態となり、一層上気道が塞がれやすくなるのです。

 

それであれば眠っている姿勢を変えられれば良さそうなものですが、なかなか眠りの姿勢を意識して変えることは難しそうですね。

いぶきの実は歯ぎしりにも効果のあるサプリ

いびき改善に効果があると人気のサプリメントにいぶきの実がありますが、このいぶきの実はいびきだけではなく歯ぎしりにも効果があるのです。

 

歯ぎしりもいびきと同様に主に睡眠中に起こり、周りの人に迷惑をかけかねない問題です。

 

しかも、歯ぎしりも自分自身に負担がかかるため、改善した方が良いものなのです。

 

歯ぎしりはいくつかの種類があり、皆さんが想像しやすいのはグラインディングではないでしょうか。

 

グラインディングは、いびきの中でも上下の歯を強く噛んだ状態で左右にこすり合わせる動きをします。

 

キリキリと不快な音が鳴るために、いびきよりも迷惑と感じる人もいるようです。

 

このグラインディングは眠っている時に多く見られるものですが、起きている人にも時にみられます。

 

しかし、このグラインディングは歯を摩耗しやすく、長期間放置しておくと歯ぎしりが原因で様々な悪影響が出る恐れがあります。

 

他にはクレンチングというものがあり、これは上下の歯を強い力で噛みしめる動作です。

 

これは音が出ないために気が付きにくく、常時ぐっと歯を噛みしめていることから、歯や歯茎や顎などに大きく負担がかかります。

 

さらにはタッピングというものもあり、これは上下の歯をぶつけあって、カチカチと鳴る音を出すものです。

 

全体の中でもこのタイプの歯ぎしりがみられる人は少ないですが、これもまた他のタイプよりは軽いにしても歯や歯茎への負担があります。

 

このように歯ぎしりはいくつかのタイプに分けられますが、原因として最も多いのはストレスです。

 

ストレスはうまく発散できていればいいですが、溜めてしまうと知らないうちに歯をくいしばってしまっています。
ストレスとして自覚が無くても、就職や結婚など環境の変化によって歯ぎしりが強くなることもあります。

 

いぶきの実に含まれている濃縮発酵ギャバはストレスに打ち勝つリラックス成分として知られていますが、さらにラフマエキスが含まれていることによって、いぶきの実は一層ストレス改善に効果的なサプリメントになっています。

 

歯ぎしりはどれだけ迷惑なのか

 

歯ぎしりには様々なタイプがありますが、キリキリと言った音がでるものがあります。

 

歯ぎしりは音がうるさいだけではなく、音自体が不快だという人も多くいます。

 

人によってはいびきよりも歯ぎしりの方が気になって眠れないという声もあります。

 

しかしながら、眠っている本人には聞こえないために、パートナーだけが気になっていて本人に自覚がないことから治療の必要性を感じないという人もいます。

 

ですが、歯ぎしりは不快な音が周囲に迷惑となるだけではなく、自分の身体にも負担を生じさせるのです。

 

歯ぎしりを放置しておくことによって、それがいくつかの問題となって現れることがあります。力を入れた状態で上下の歯をこすり合わせたり強く噛みしめたりするために、歯がすり減ったり、歯周組織を損傷してしまったりします。

 

そして、歯がぐらぐらしたり、歯が外側に動いてしまったり、被せ物が欠けたり取れたりすることがあります。

 

このようなことが見られますが、顎に関しては顎関節症、他にも耳鳴りや睡眠障害や頭痛、肩こり、自律神経失調症につながったりすることもあります。

 

これらを引き起こす歯ぎしりの原因は2つ。

 

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ一つは顎筋肉の影響が大きくかかわっています。虫歯で歯が痛い時や高さの合わない被せ物でかみ合わせが悪くなっている時などに現れやすくなります。

 

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ二つ目は日ごろの様々なストレスです。歯ぎしりや食いしばりはストレスを解消する行動と言われますが、これによってパートナーが眠れないことでストレスが溜まってしまっては一層よくありません。

 

歯ぎしりはそれ自体が身体に何かしらの支障をきたすものでもあるので、パートナーのストレスになってしまったり自身の身体に異常が生じる前に解決する対策をとることです。

 

いぶきの実の購入は公式ページがお得です↓↓

いぶきの実,いびき,歯ぎしり,効果,サプリ

 

更新履歴